起業前の勉強はこの5つをやっておけばいい

↑文字を見るのが面倒という方は、
動画でも解説していますので、
そちらもご覧ください。

勉強せずに起業に成功した人っていないの?

残念ながら、そんな人はめったにいません。

もしかしたらごく一部の天才は
ビジネスに関する勉強を全然しなくても
成功するのかもしれません。

ですがそんな人の気持ちは知りません。

そんな天才はこのブログを見てないはずなのでスルーします。

少なくとも、普通に生きてきた人が起業しようという場合、
起業に関する勉強は“必須”です。

今回は、起業する上で勉強を怠るとどんな恐怖が待っているのか、
起業する上でどんな勉強をすればいいのかを解説していきます。


<どうやって勉強すればいいか?>
ここで紹介する5つの内容について
学習できるコンテンツを紹介しています。
無料セミナー

興味のある方はぜひご覧ください。


「とにかく行動しろ!」という人の話を真に受けてはいけない

勉強するべきっていうと、
「勉強しても成功できないよ。行動しなきゃ!」
っていう人がいます。

確かに、ノウハウコレクターといって、
ひたすらセミナーに参加するだけで何にも行動をしない人がいるのも事実です。

あとはリスクをとるのが怖くてなかなか行動できないとか。

勉強ばかりしてる人に対して、
『いい加減に行動しろよ!』
っていうのは正しいですが、
まだ何にも勉強もしたことがない人がその言葉を真に受けてしまうと危険です。

行動しない人が成功できないのは当然のことなのですが、
勉強してから行動するのと、勉強せずに行動するのでは話が違ってきます。

勉強せずに行動してしまうと、ほぼ100%挫折します。

つまり、「行動しろ!!」って言葉は、
ある程度勉強した人に向けられているのであって、
起業について今日知ったばかりの人には向けられていないのです。

あと、行動しながら勉強しろっていう人もいますが、
これも難しいです。

成功するためには、大量に行動する必要があります。

特に副業から始めるとすると、朝から夜まで会社に行って、
その後作業するとなると、勉強する時間なんて
ほとんど残っていません。

まずは勉強して、起業の知識などをインプットしてから、
行動してアウトプットすればいいんです。

インプットもしてないのにアウトプットはできません。

行動することは確かに大事なことですし、
行動しないと何も始まらないのも事実ですが、
勉強もせずに行動してしまうと痛い目に遭います。

勉強せずに起業すると起こる3つの恐怖

行動のベクトルを間違えると大幅な時間をロスしてしまう

勉強せずに起業してしまう人は、
よっぽどのセンスがない限り進む方向を間違えます。

例えばブログで稼ごうって思ってる人が、
趣味ブログを作ってGoogleアドセンスで稼ごうとしても
お小遣い程度のお金しか稼げません。

ブログで稼ぐ=Googleアドセンスくらいの知識で起業してしまうと、
延々と月数千円~数万円の報酬から抜け出すことができず、
悶々とした日々を過ごすことになります。

そして、実はブログで稼ぐにはGoogleアドセンスではなく
他の方法で集客してセールスする方法があると後から知ったらどう思うでしょう。

『今まで俺がやってきたことって何だったの?』

って激萎えしてしまいそうですよね( ;∀;)

あなたに目標があるなら、
その目標を達成するための手段を学ばなければなりません。

そうでないと、ただ時間が無駄になってしまうのです。

金銭的なリスクを負ってしまう

勉強しないことで無駄になってしまうのは時間だけではありません。

当然金銭的なリスクを負う可能性もあります。

起業してしまうと、もう後戻りはできない状況が多いです。

なぜかというと、ある程度のコストをその事業に注ぐ必要があるからです。

例えば、あるコンテンツを開発したとして、
そのコンテンツを売るためにPPC広告やアフィリエイトで集客したとします。

勉強をしなかった場合、当然セールスレターの書き方や、
対面でのセールスのやり方もわからないので
せっかく集客したのにコンテンツが全く売れないということも考えられます。

そうなると、広告費も回収できず、
お金持ちになるどころか大赤字になってしまいます。

そもそも今の時代、SEOやソーシャルメディアなどで
無料で集客する手法はいくらでもあります。
売れるかどうかもわからないのに有料広告で集客しようなんて危なすぎますね。

素人の『とりあえずいけるっしょ』という感覚は危ないです。

その感覚は、ある程度の知識と経験があって初めて生まれる感覚です。

リスク0の起業をするためには、
どんなリスクがあるのか?
リスクを負わないためにはどうしたらいいのか?

このようなことを知る必要があります。

挫折する

時間も無駄にして、金銭的にも借金してしまったらどうなるでしょう。

多分挫折します(笑)

正直、勉強せずに起業して、
たくさん失敗する中で学ぶこともできるはできるので、
失敗しても絶対に撤退しない覚悟があるならいいのですが…

たいていの人は、起業で一回失敗したら辞めます。

そうなってしまうと、もう終わったようなもんです。

お前はもう…死んでいる…!!

一度折れた心は簡単には元には戻ってきません。

せっかく脱サラを目指して起業したのに、
またサラリーマンに戻ってしまい、
もう二度と起業の道に進むことはないでしょう。

そんなのちょっと悲しいですよね?

脱サラして自分の好きなように行きたいという夢があるなら、
しっかり準備して準備して準備してください。

そしてその前に勉強して勉強して勉強してください。

挫折したらもう終わりだと思ってください。

挫折しないための勉強だと思ってください。

勉強に1年かけるだけで、その後一生挫折しない自分に成長することができます。

そうなったらいよいよ行動するときが来ます。

起業する前に勉強するべき5つのこと

今まで勉強するべき理由についてお話してきましたが、
ではどんなことを勉強すればよいのでしょうか?

世の中には本当にいろんな分野の学ぶことがあふれています。

MBA、営業、マーケティング、集客、etc…

何の勉強をしようか悩むだけで時間がかかっちゃいそうです。

そんな時間を無駄にしないためにも、
これからの時代、これを勉強しろ!!
というものをピックアップしました。

その5つは以下のとおりです。

1.自己啓発
2.マーケティング(DRM:ダイレクトレスポンスマーケティング)
3.ビジネスモデル
4.ロジカルシンキング
5.管理計測

どれもそれぞれで1冊ずつ本が書けそうなテーマなので、
かいつまんで簡単に説明していきます。

自己啓発

まず自己啓発。

『自己啓発』っていう言葉を2chで書こうものなら、

『意識高い(笑)』
って書かれます。

そんなんだから成功できないんですよね…

まず、自分の思考が変わらなければ、そもそも起業する勇気が出ません。

前述したノウハウコレクターにはこの要素が足りないのです。

自分を啓発しない限り、「自分には無理だ…」っていう考えが
常に頭の中をよぎり、挫折させます。

行動を阻害します。

迷いなく行動するためには、
成功者の成功体験とポジティブシンキングを知り、
行動できる自分に生まれ変わらなければなりません。

ポジティブシンキング

日本にはネガティブな人が多すぎます。

起業という言葉を聞いて『自分にもできるんじゃ…』
って思う人って本当に少ないです。

でも、これには理由があります。

それは、今までの人生の中で、否定される数の方が多かったから
ということです。

『お前ならできる!!』って言われるよりも、
『お前には無理だ!!』って言われた数の方が圧倒的に多いんですよね。

ニュースなんかでも、気分が落ちるような事件のことばっかり流れます。

学校の教育を受けていると、テストで点数をつけられたり、
偏差値を突きつけられるだけで否定された気分になります。

テストであなたは30人中25位ですとか、
あなたの偏差値は48ですとか言われると、
凄い萎えるじゃないですか。

テストで10位の人でも全然すごいと思うのに、
もっと上のやつがいるからそんなに目立つわけでもない。

大学でMARCHに入れば十分凄いのに、
2chでは『早慶以上はだめ』とか書かれる始末。

何となく「自分ってその程度の人間なのかな」って思っちゃう。

それ以外にも人間を評価する指標なんてたくさんあるのに。

だから、ネガティブな人は、生まれつきネガティブなのではなく、
ネガティブに洗脳されてるだけなんです。

もともとニュートラルだったのが、ネガティブ寄りになっているだけです。

ではどうすればいいのかというと、
『ポジティブ思考を植え付けろ!!』

ということです。

今までネガティブなことを多く言われているのなら、
ポジティブなワードにたくさん触れればいいんです。

だから自己啓発書を読んだり、セミナーを見てポジティブになりましょう。

自己啓発書には、人を元気にするポジティブワードがたくさん書かれています。
セミナーに参加すると、講師はやる気にさせてくれます。

自分にポジティブな言葉を投げかけられてる気分になります。

それを繰り返していくと、『なんか自分にもできそうかも…!!』
って思えるようになってくるのです。

とある有名な起業家は、毎日鏡に向かって『お前ならやれる!!』っていう言葉を自分に投げかけていたらしいです。

それだけでもポジティブになれるというのです。

自分がネガティブで行動できないと感じている人は、
まず自己啓発をして、ポジティブにならなければならない。

※ちなみに、鏡に向かって『お前は誰だ』って言い続けると
自我が崩壊するらしいです。絶対やらないように!!

成功者の体験談

ネガティブな人って、
『成功する世界なんてない』
って思ってます。

だから、自分も一生成功することはないと思っちゃいます。

そういう人は、成功者の体験談や実例を知って、
『こういう風に成功できるんだ』
ということを知ることです。

そういう世界があるということを知ると、
その世界にあこがれを持てば、
自然とその世界を実現するために行動するようになります。

なるべくたくさんの成功体験を知りましょう。

マーケティング(DRM:ダイレクトレスポンスマーケティング)

マーケティングの中でも、DRM:ダイレクトレスポンスマーケティングの知識は必須です。

DRMというと、聞き覚えのない言葉だという人もいるでしょう。

DRMは、特定の誰かに一定の宣伝をし、反応があった人に販売をする戦略のことです。

チラシを配って電話をかけてきた人に営業する方法ですね。

対照的なものとして、マスマーケティングがあります。

マスマーケティングでイメージしやすいのはテレビCMとかですね。

要は、商品を販売しようというときに、特定の誰かではなく、
日本国民全員に販売をしようという戦略のことです。

なぜDRMを勉強しなければならないかというと、
個人が起業して成功するためにはDRMしかないからです。

というのも、DRMはほとんどコスト0で販売を行うことが可能になります。

先ほどのチラシの例ではコストがかかりますが、
例えばYOUTUBEで商品販売の動画をアップロードした場合、
広告にかかる費用は0円です。

一方、マスマーケティングは、個人がやるには膨大すぎる費用が掛かります。

15秒のCMを全国に流すとなると、1回の放送で100万円を超えるケースもあります。

そんなコスト掛けられないですよね。

だから、0から起業するとなると、DRMでの起業以外に方法はないのです。

基本的なノウハウと、DRMで成功した実例はどのようなものがあるか
勉強する必要があります。

DRMでは、メルマガ販売する際のコンセプトの作り方やターゲット選定の仕方からコピーライティングまで学ぶことになりますので、
今の時代、起業するための核となる知識といっても過言ではないです。

ビジネスモデル

自分が事業を始める時に、
『どのように収益を上げるか』『どのような戦略で販売するか』

これを考えるのがビジネスモデルです。

事業をするには、必ず何かしらの商材を販売なり紹介するなりして、
マネタイズしなければなりません。

次のA君のビジネスモデルと、B君のビジネスモデルは
どちらのビジネスモデルが成功するでしょうか?

A君:自宅でハンドメイドキーホルダーを作り、公園で売る

B君:60代以上の男性向けのアンチエイジングのサプリをOEMで外注し、YOUTUBE・SNS・SEOで販売サイトに集客し、販売する。販売した人には、定期購入のセールスレターを送り、30%の確率で成約する。

聞くまでもないくらいに圧倒的にB君の方が儲かりそうなビジネスモデルですよね。

A君のビジネスモデルだと、ターゲットがまずわかりません。
そして公園を通りすがった人しかA君の商品を知ることはできません。
せいぜい1日100人が限界でしょう。
そして、A君のキーホルダーがプリキュアなら小学生以下の女性にしか売れなさそうです。
通りすがった人の中でさらにターゲットが少なくなります。
何より公園でキーホルダー販売って怪しすぎる。

B君のビジネスモデルだと、ターゲットもしっかりしてるし、戦略もしっかり立てられてますよね。
そして購入した人に定期購入も進めると、さらに売り上げが伸びますね。

こんな感じで、どのような収益構造にするか、
どのような戦略を立てるのかを緻密にすればするほど事業の成功確率は高まります。

いろいろなビジネスモデルの実例

ビジネスモデルの勉強をするには、
いろいろなビジネスモデルの実例について勉強するのが手っ取り早いです。

本屋に行けば腐るほどビジネスモデルについて書いた本があります。
読み漁りましょう。

ロジカルシンキング

ロジカルシンキングは、人の説得やビジネスモデルの構築、
そのほかでは問題解決などで役立ちます。

ビジネスに限らず汎用的なスキルになります。

仮説思考

ロジカルシンキングの中でも、『仮説思考』によって、
ビジネスを構造化する力が身に付きます。

ビジネスを構造化するとは、とあるビジネスをいくつかのステップに分解することを言います。

ビジネスを構造化すると、ビジネスモデルが見えてくるし、
ビジネスモデルを構築する力もつきます。

これはなかなか身に付けるのは難しいですが、
起業セミナーの音声を繰り返し聞いたりすると
いつの間にかその人の思考が身に付いてたりします。

クリティカルシンキング

これは意外にできない人が多いです。

要は起きたこと感情などに流されずに客観的に合理的に考える思考方法です。

例えば、あなたがネットで1000円の服を買ったとします。

しかしその服が届いたと思ったら、サイズが一つ小さい服が届きました。

この時にあなたは、クリティカルシンキング的に考えれば次の3つのうちどう行動するのが正解でしょうか?

ちなみに、あなたの時給は2000円とします。

A.ネットショップに連絡し、30分かけて近所の郵便局に行き返送し、新しい服をタダで交換してもらう

B.Aの行動をした後に、ネットショップのレビューで☆1のクレームレビューを書く

C.あきらめる

正解は…

Cですね。

一見、Aの行動が正しそうに見えます。タダで交換してくれるんなら金銭的な損はありませんよね?

でも、あなたは近くの郵便局に行くまで30分もかかるのです。
往復1時間。

つまり、1000円を失わない代わりに、2000円分の時間を失ったということになります。

それって実際は1000円の損失ですよね?

であれば、Cの選択肢がクリティカルシンキング的に正しいのです。

あなたはネットで買った1000円の服は諦めて、
郵便局までの道のりを往復する時間で2000円稼いで、
また新しい服を買えば、新しい服と1000円の利益が残ります。

お金を失いたくない気持ちがあるのでAを選択したくなる気持ちはわかります。

ですが、感情を抜きにして、『どの方法が一番最適か』ということを考えなければなりません。

そして、Aの選択肢をするならまだしも、Bの選択肢を選ぶ人も少なくないです。

商品を交換してもらった上に、悪評をネットに書き込むんですから。

起きた出来事に感情的になって、
クレームを書き込みたくなる気持ちもまぁわからなくもないです。

ですが、そのクレームを書くことによってあなたの時間が奪われるだけです。

ある人は、「クレームを書くことによって、他の人のためになってる!」
っていうかもしれませんが、別にあなたがやらなくてもいいです。

自分には関係ないことに労力を注ぐのはやめましょう。

実際、起業すると無視しなければならないことが増えます。

いちいち感情的にすべてに反応してたら、それだけで1日が終わります。

1000円を失うことを恐れるあまり、10万円を得る機会を失っているのです

本当に必要なことだけを選択してやらなければなりません。

その他

組織の作り方と組織運営

これは一人で起業しようとしているなら必要ありません。

ネットで起業しようという人のほとんどは一人で起業するでしょう。

一人で起業して、売り上げが経ってから学んだ方がいいです。

納税

納税はしなければなりません。

確定申告などして所得税を納めないと税務署にしょっ引かれます。

ですが、これは税理士さんに外注して丸投げでもいいです。

面倒であれば、お金を払って他の人にやってもらいましょう。

まとめ

起業には勉強が必要ということと、どんな勉強をしたらいいのかということを解説してきました。

何かで成功しようと思ったら、
やはり『学ぶ』というフローは外すことができないです。

逆に、起業についてある程度勉強することができれば、
起業に成功する確率は格段に上がります。

成功したいなら、勉強しない手はないってことですね。

頑張っていきましょう!!

今回紹介した5つの内容を無料で学んでみたいという方は<こちら>