起業アイデアより売り方を知っているかどうかが大事

「起業したいんだけどアイデアが思いつかないんです…」

そんな人って結構いますよね。

でも、はっきり言って起業アイデアなんてショボいもので十分です。

「起業したいんなら、今あるものでやれ!!」
って言っちゃいます。

もし、どうやって稼げばいいのか?
どうやって集客すればいいのか?
これが分からなければ、単なる勉強不足の可能性があります。

今回は、そんな起業アイデアについてお話ししていきます。

もし起業アイデアに悩んでいるのであれば、
即座に行動できるようになるはずです。

起業アイデアより売り方を知っているかどうかが大事

absolutvision 82TpEld0 e4 unsplash 1024x683 - 起業アイデアより売り方を知っているかどうかが大事

ビジネスで大事なのは、起業アイデアよりも、
「売れるかどうか」です。

もちろん人の目を引く真新しい起業アイデアがあれば、
もしかしたら成功する可能性もあるかもしれません。

しかし、社長がマーケティングが下手であれば、
そんな素晴らしい商品も日の目を見ないことになります。

時代遅れのビラ撒きしかしなかったり、
対面販売しかしなかったり…

そういうのは、起業アイデアとかの問題ではなく、
「知識」の問題です。

売り方を知っているかどうか。

商品の売り方やマーケティング、ビジネスモデルに
アイデアは必要ではありません。

「どういう売り方で行けばいいんだろう?」
ということで悩んでいるのであれば、
それは単純に勉強不足なのです。

なぜなら、商品の売り方やビジネスモデル、マーケティングは
すでに成功する売り方が決まっているからです。

例えばネットビジネスをやるとして、
何かの情報商材を売るとします。

このときの売り方って大体決まっています。

ブログ、SNS、Youtube、広告

ランディングページ

ステップメール(もしくは直販)

セールスレター

この流れに乗せれば、
商品がよかろうがゴミであろうが売れます。

もちろんその後のリピート率は変わってきますが。

大事なのは、まず上記のビジネスモデルを学ぶことであり、
後からこのモデルにアイデアを乗せるだけでいいんです。

このときの商品はワインだろうがチョコレートだろうが、
家だろうが家電だろうが何でもいいです。

だから起業アイデアってショボくてもいい。

売れなきゃ意味がないから。

商品が良ければ売れる、ではありません。

売り方がちゃんとしてるから売れる、なのです。

起業アイデアは質ではない。量だ。

book 1171564 1280 1024x682 - 起業アイデアより売り方を知っているかどうかが大事

最初から、この世にない革新的な商品を作ろうとする人もいます。

でも、起業初心者にそんな革新的な商品が作れるわけがありません。

実際に起業し、経験値を貯めて初めて、
質のいいアイデアというものが生まれます。

なので、ある程度の数をこなさなければアイデアというものは生まれません。

ソフトバンクの孫正義さんの例を挙げると、
孫さんはカリフォルニア大学に在学中、
「音声機能付き電子翻訳機」を発明し
なんと1億6000万円もの大金を手に入れます。

これが孫さんにとって初めてのビジネスといわれていますが、
ではその起業アイデアはどのようにして思いついたかご存じでしょうか?

それは、
『300枚ほどのカードに様々な単語を書いていき、
 そこからランダムに3枚抜き取って組み合わせる』

という起業アイデアの出し方です。

このようなやり方を1日5分だけやり、
点数をつけて上から順番に見て考えていったそうです。

そして出てきたアイデアが
音声機能付き電子翻訳機でした。

孫さんですら、パッと凄いアイデアが出てきたわけではないんです。

こんな感じで数をたくさん打つことで
質のいいアイデアを作り上げていったわけですね。

思いつこうって思っても
すごいアイデアってなかなか思いつかないものなんです。

起業アイデアがなければ人のものを売ればいい

conclusion of the contract 3100579 1280 1024x682 - 起業アイデアより売り方を知っているかどうかが大事

どうしても商品を思いつかない場合、
そもそも自分の商品で勝負しなくてもいいです

というのも、最初から自社商品を開発するのは相当ハードルが高いです。

あまりの大変さに挫折するか、「これで本当に売れるのか?」
みたいな不安も付きまといます。

また、自社商品は当然ある程度コストもかかります。

その分大きな利益を上げられる可能性はありますが、
リスクも高いです。

であれば、
「すでにある商品を代理で販売して、
 いくらかの取り分をもらう」

という形式にすればいいのです。

この形式であれば、当然開発コストはかからないし、
すでにある商品を売る形になるので、
市場でどれくらい売れているかもわかります。

あなたは売ることさえできればいいので、
起業アイデアを思いつくは必要ありません。

これがネットビジネス界では「アフィリエイト」と呼ばれている
広告代理ビジネスの一つになります。

ブログ、SNSなどの自分のメディアを作って人を集めて、
そこで商品を紹介して販売すると。

そこで商品が売れればあなたにお金が支払われるというわけです。

自社商品を作ったとしても商品が売れなければコストを回収できずに
失敗してしまう可能性があります。

一方アフィリエイトでは、ほとんどコストをかけずに
販売のフローを実践することができるので、
販売力やマーケティングスキルを身に付けるためには
最適なビジネスモデルだと思います。

まずはここから始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

起業アイデアはたいして重要じゃないということをお話ししてきました。

大事なのは、「いかに商品を売ることができるか」ということなんですよね。

そして商品が売れるかどうかはアイデアではありません。
「スキル」です。

スキルは経験値を積んだり勉強していく過程で身に付けることができます。

まずはこのスキルを身に付けていくことをおすすめします。

スキルを身に付けたい方にオススメの動画↓↓↓