ビジネスモデルシリーズ①:個人がブログで月収50万円稼ぐには?

脱サラするなら月収50万くらいあれば
安心して会社を辞められますよね。

結構この金額を目標に頑張っている人も多いと思います。

しかし、
「そもそもブログで月収50万円を稼ぐにはどうすればいいのか?」
ということを知らない人がほとんどです。

1年間記事を書き続けたのに全然稼げない…

そんな人のために、
「どのようなビジネスモデルならブログで脱サラできるのか?」
という点にフォーカスして、
個人が月収50万円をブログで稼ぐにはどうすればいいかを解説しました。

どうやってブログでマネタイズするか?

お金, ドル, アメリカ, 現金, 紙幣, マネタイズ, マーケティング, 獲得します, ショッピング

まず、ブログで稼ぐためには、
「どうやってマネタイズをすればいいのか?」
を知らなければなりません。

お金にならなければ、
単なる趣味として終わってしまいますよね。

それでは解説していきます。

Googleアドセンス

詳しくはグーグルのホームページからご覧ください。
Googleアドセンスについて

ホームページを訪れるとよくある四角い広告です。

image - ビジネスモデルシリーズ①:個人がブログで月収50万円稼ぐには?
引用:Google

ブログにGoogleアドセンスを貼り付けておくと、
その広告がクリックされた時にブログ主に
1回につき20-30円の報酬が支払われます。

Amazonアソシエイト

Amazonで販売されている商品を
紹介するアフィリエイトプログラムです。

Amazonアソシエイト

ブログなどで商品を紹介して
Amazonで商品が売れると
報酬が発生するという仕組みです。

後述する一般のアフィリエイトよりも
信頼性が高いため、商品が売れる確率が高まります。

アフィリエイト

主にASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)を通して
商品を紹介していく仕組みです。

A8.netなどといったASPに登録されている商品を
ブログ等で紹介していき、
商品が成約したときに報酬が発生します。

本当に様々な商品があり、
「紹介できない商品はない」
といわれるほどです。

Amazonアソシエイトとも同じような仕組みですが、
圧倒的に報酬額が高い商品が多いのが特徴です。

信頼性は低いことが多いですが、
その分売ることができればより大きなお金を得ることができます。

(自社商品の販売)

自分で商品を作って販売します。

月収1000万円とかを目指すのであれば、
自社商品を作った方がいいかもしれませんが、
月収50万円であればアフィリエイトで十分です。

商品を作るのも大変なのでここでは割愛します。

アフィリエイトで月50万円稼ぐビジネスモデル

pink pig figurine on white surface

取り扱う商品

ブログで稼ぎたいのであれば、
「成功報酬型のアフィリエイト」
に取り組むことをお勧めします。

成功報酬型アフィリエイトとは、
紹介した商品が売れた時に報酬が払われる仕組みです。

1 1024x576 - ビジネスモデルシリーズ①:個人がブログで月収50万円稼ぐには?

アドセンスなどのクリック広告とは違い、
クリックされたとしても、
販売ページで商品が売れなければ報酬は発生しません。

その代わり、
商品が売れた時の報酬は
案件によっては5000円~10000円と
クリック型の報酬よりも高くなります。

なぜ成功報酬型アフィリエイトがオススメなのかというと、
「クリック型より稼ぎやすいし、マーケティングスキルや販売力が鍛えられるから」
です。

まず商品を選定する段階で、
「どのような商品が世に求められているのか?」
という点を徹底的にリサーチしなければなりません。

世の中でまったく求められていない商品を取り扱ったとしても
売れる確率は極めて低くなってしまいます。

また、ブログを運営するあなた自身の販売力も
ある程度なければ商品を売るのは難しいです。

リサーチや販売を実践するのは難しいですが、
ここでの実践を経て、マーケティングスキルと販売力を
徹底的に鍛えることができます。

それでは成功報酬型アフィリエイトで
具体的に50万円稼ぐまでのステップを見てみましょう。

ステップ1:集客

ブログを書いたら、
そのブログを世の中に知ってもらわなければなりません。

いくらいい内容の記事を書いたとしても、
誰の目にも止まらなければ、
それはあってもなくても一緒です。

自分で頑張って書いた記事は
何とかして誰かに見てもらいたいですよね?

どうやって集客するのかを
4パターンに分けて解説します。

SEO対策

検索エンジン最適化の略で、
Googleやヤフーの検索からお客さんを集客します。

例えばあなたが自転車のブログを運営していて、
自転車のアフィリエイトをするとします。

その時に
「自転車 安い」
などのキーワードでお客さんが検索してきました。

そのお客さんは明らかに価格の安い自転車を求めているので、
安い自転車を紹介しているようなサイトがあれば
かなりの高い確率でそのサイトから自転車を購入しますよね。

もしあなたのブログがGoogleなどで検索上位に表示されていれば、
当然あなたのブログにお客さんが訪れる確率は高くなります。

そしてあなたのブログが良質なコンテンツを作っていたとしたら、
お客さんはあなたのブログを信用し、
自転車を買ってもらえるということです。

自身のブログが検索上位に表示されるように
コンテンツの質を高めたりすることを『SEO対策』といいます。

SEO経由で集客できるお客さんは、
先ほどの『自転車 安い』などのような
具体的な悩みやニーズを持っている人が多い傾向にあるため、
商品の成約率が高まります。

もしSEOを攻略することができれば、
安定した売り上げを上げることができる
でしょう。

ただし、SEOを攻略するのは結構ハードルが高く
初心者が検索数の多い人気キーワードで上位表示を狙おうとしても
よほどのコンテンツ力がない限り難しいです。

そして、開設したてのサイトが上位表示されるようになるためには、
少なくとも3か月はかかるといわれています。

SEO経由で集客できれば
あなたのビジネスは安定しやすいですが、
そうなるまでが大変ということですね。

SEOは本当に奥が深く僕自身も研究中なので、
とりあえずはこちらのGoogleの公式サイトをご参照ください。

検索エンジン最適化SEOスターターガイド

検索エンジンは、Google、Yahoo、Bingなどがあり、
GoogleとYahooで約90%のシェアを誇っています。

SEOはGoogleさえ攻略できれば大丈夫です。

そもそものシェアが高いうえに、
YahooがGoogleと同じ検索エンジンを採用しているため、
Googleを攻略できれば検索エンジンの90%を攻略できることになるからです。

そのためにGoogleのことを理解しておくことは重要です。

なぜなら、検索で上位に表示されるサイトは、
「Googleが上位に表示させたいサイト」
ということだからです。

Googleの意に反したサイトは
検索順位を下げてしまいます。

まずは、「どんなサイトであればGoogleは検索順位を上げてくれるのか?」
ということを知っておきましょう。

SNS

Twitter、Facebookなどのソーシャルネットワークサービス経由で
情報を発信して集客します。

SEOで集客するには時間がかかると書きましたが、
TwitterやFacebookなどであれば、
自分のフォロワーや友達に
サイトの存在や商品の情報などを即座にお知らせすることができます。

たとえ開設したてのサイトでも、
コンテンツの質が高かったり興味制があれば即座に成約まで至るでしょう。

ただし、SEO経由で集客できるお客さんと違って、
SNSのお客さんはクリック率や成約率が低くなる傾向があります。

それは、具体的な悩みを持っているかどうかがわからないからです。

先ほどの自転車の例で考えてみますが、
Twitterで「今なら自転車10000円で買えるよ!!」
とつぶやいたところで、
フォロワーに興味がなければサイトにすら訪れてくれないのです。

なので、SNSで集客する際のカギは、
『フォロワー数』です。

そもそもサイトに訪れてくれる確率が低いのであれば、
見てくれる人の母数を増やすしかありません。

数の暴力ということです。

広告

SEOやSNSでの集客は、
無料でできますがある程度時間を掛けなければなりません。

しかし、もしあなたにお金の余裕があるのであれば、
お金を使って「広告」を利用することで、
集客をすることが可能です。

具体的な広告としては、
「PPC広告」や「SNS広告」です。

PPC広告は「クリック課金型広告」という広告で、
Googleの検索結果で一番上に表示される広告ですね。

もしあなたが「自転車 安い」というキーワードで集客したいのであれば、
そのキーワードに1クリック〇〇円のお金をかけて
検索結果の上位にサイトを表示させることができ、
そのサイトがクリックされたら課金するという仕組みです。

広告の単価は、キーワードによって異なります。
「自転車 安い」などのビッグワードは広告単価が高いです。
キーワードによっては1クリック1000円とかするものもあります。

一方、月に1回も検索されないようなマイナーなキーワードだと、
1クリック1円とかで買えます。

そもそも誰も検索しないようなワードに
お金をかけても意味がないということですね。

SNS広告は、
自身の投稿を広告できる機能です。

これもクリック課金型広告で、
広告が表示されてクリックされた時に課金されるシステムです。

広告を利用するのは構いませんが、
後に解説する成約率等の数字を把握できていない場合はお勧めしません。

闇雲に集客したとして、
コンテンツの質が低く、
一人も商品を買ってくれないとなると
ただ単にコストがかかるだけになってしまいます。

Youtube

Youtubeに動画を投稿してブログに集客します。

Youtubeを使って稼ぐとなると、
どうしても広告収入に目が行ってしまいがちですが、
広告収入で50万円を目指すとなるとかなり大変です。

(まあ私自身到達していない世界なので知りませんが、)

広告収入を目的にするより、
人の目を引いてブログに誘導した方が
はるかに収益を上げられるポテンシャルがあります。

具体的なやり方としては、
ブログに関する情報や、あなたが集客したいターゲットに向けた動画を投稿し、
お客さんに見てもらいます。

そして動画概要欄などにブログのURLを貼っておき、
URLからブログに人が流れていく仕組みです。

Youtubeのいいところは、
「信頼性が圧倒的に高い」ことです。

人は文字を読むより音声を、
音声を聞くより動画を見たほうが安心感を感じます。

文字情報ならスパムの可能性もありますが、
実際に動画に顔出ししてしゃべるとなると、
それは信頼性が高くなりますよね。

ただし、Youtubeの難しいところは、
「見てもらうまでが難しい」というところです。

当然ライバルはたくさんいますし、
動画の数が少ない最初のころは
どうしても検索結果や関連動画に表示されません。

見せることができれば影響力が高い媒体だけど、
見せるまでが大変ということですね。

ステップ2:ファン化

たくさんのお客さんを集客することができたとしても、
お客さんがあなたのことを信用できていなければ、
かなりの確率で商品を買ってもらえません。

集客したら、
お客さんを「ファン化」させなければなりません。

アフィリエイトで重要なのは、
「この人が紹介している商品なら安心だ!」
という感覚です。

例えば、マツコ・デラックスさんは自身の番組で
たくさんの商品を紹介していますが、
彼女(彼?)が紹介した商品は翌日には
完売するというほどの影響力を持っています。

つまり、マツコさんファンが、
「マツコさんが言うなら本物に違いないわ!!」
と思うからこそ商品がバカ売れするわけですね。

お客さんをファン化させることができれば、
商品を売ることは簡単になります。

それではファン化の3要素について解説していきましょう。

共感を呼ぶプロフィール

ファン化する上で大事なのは、
「あなたが誰なのか?」
ということです。

サイト運営者が誰だかわからない無機質なブログよりも、
「あなたがこういう性格で、こういうことをしてきて、
こういう経緯でブログをやることになった」というプロフィールがあれば、
やってきたお客さんは自分との共通点や面白い経歴などに目を引かれ
そして共感し一気にファン化する可能性が高まるというわけですね。

最も大事と言っても過言ではないコンテンツです。

力を入れて作成しましょう。

質の高いコンテンツ(記事)

プロフィールは大事ですが、
当然コンテンツありきです。

いくらプロフィールでファン化できたとしても、
肝心のコンテンツがショボければお客さんは離れていくでしょう。

大事なことは、
「お客さんの悩みを解決できるコンテンツが作れているかどうか?」
ということです。

特にSEO経由で訪れたお客さんは、
何らかの悩みを抱えていて、
それを解決するために検索することが多いです。

もし悩みを持ったお客様があなたのブログに訪れて、
悩みを解決することができれば、
お客さんはあなたに感謝することになります。

「悩みを解決してくれてありがとう!!」
こう思わせることができれば、
ファン化が加速します。

単なる日常をダラダラ書いて、
面白くもなければ何の悩みも解決しない。
そんなブログは誰も見ないということです。

無料プレゼント

これは、
初心者がファン化させるための最も有効な手段です。

お客さんは有益な情報を求めています。

それが記事であれプレゼントであれ、
有益な情報であればほしいと思っています。

そこで、お客さんの悩みを解決したり、
面白そうな情報を無料プレゼントとして
お渡しするのです。

そして無料だからと言って手を抜いてはいけません。

無料プレゼントでお客さんをファン化させるのに大事なのは、
「こんなものを無料でくれるの!!!???」
という感覚です。

有料級のものを無料でプレゼントしないと意味がないということですね。

ステップ3:商品レビュー記事

お客さんのファン化に成功したら、
いよいよレビュー記事を書いていきましょう。

前述した「この人が言うなら安心だ!!」
という状態に持っていけたら
正直売れます。

しかし、レビュー記事を書くことで
商品の成約率をさらに高めることができます。

手を抜かずに書いていきましょう。

販売のテクニックとしてはいろいろありますが、
オーソドックスな形を紹介します。

ポイントとしては
・実際に使ってみた感想
・メリット
・デメリット
・デメリットに対する反論

これを書ければ問題ないと思います。

例えば先ほどの自転車を例にするとこんな感じです。
「最近自転車を買ったのですが、
 乗り心地がマジでいいです。
 デザインも可愛いし、
 これを選ばない理由はないなと思います。
 周りのみんなが全員この自転車だと恥ずかしいですが…(笑)

 (自転車の写真を掲載)
 まず、軽いです。
 女性でも持ち上げられるくらいの軽さです。
 上り坂も結構楽に登れます。
 変速も6段までついてるので楽ですね。

 これで10000円とかwww
 神過ぎるwww

 ただ、デメリットとすれば、
 ちょっとボディがさびやすいかも…

 でも、カバーとか掛けたり家の中に入れて
 管理しておけば大丈夫ですね

 ちなみにこちらのサイトから見られます。
 しかも今なら3日間限定で8000になるとか。
 定価で買ったのに…チクショー」

こんな感じで商品を自然に紹介していきます。

ポイントとしてはデメリットもきちんと提示して、
売込み感がなくなるように紹介することです。

「これ本当に良いから!!」
というのがきちんと伝わるように。

デメリットをきちんと伝えていないと、
「あの人から言われて買ってみたけど、
 結構デメリット多いじゃん…」
となってしまい、
ファンから離脱してしまう可能性もあります。

きちんとデメリットを伝えることで逆に信頼性を獲得していきましょう。

ステップ4:商品ページ移行

あとは、商品紹介ページから商品ページに移行して、
商品を買ってもらうという流れです。

商品ページに移行した後は、
あなたがやることはありません。

売れることを祈るのみです。

ステップ5:成約

商品ページに移行した後、
商品が成約され、あなたにお金が入ってきます。

成約率が低ければ、
あなたの紹介の仕方がずれているか、
そもそも商品ページの販売力が低い可能性があります。

商品を選ぶ際も、
「この商品がどれくらい売れるのか」
ということが分かっていないといけないということですね。

ブログでの稼ぎ方は以上です。

次は、ビジネスモデルの全体像を把握して、
どれくらいの数字を実践できれば
月収50万円を達成できるのか?

ということを解説していきます。

ビジネスモデルの全体像

上図がブログアフィリエイトで月50万円稼ぐ全体像です。

計算を簡単にするために商品が成約したときの報酬が
1万円の案件で考えていきます。

報酬が1万円であれば、
50人が商品を買ってくれれば50万円を達成できます。

1日に1-2人ですね。

50万円稼ぐにはどうすればいいのかということを下から逆算していきます。

—–50万円稼ぐための仮説—–

50人に買ってもらうためにはどうすればいいのかというと、
販売ページに行ったお客さんが10%の確率で商品を買うとしたら、
500人を販売ページに移行させることができればOK。

では、500人を販売ページに移行させるためにはどうすればいいかというと、
商品レビューページに行ったお客さんが
33%の確率で販売ページに移行するとしたら、
1500人を商品レビューページに移行させることができればOK。

では、1500人を商品レビューページに
移行させるためにはどうすればいいかというと、
ブログ記事を見たお客さんが33%の確率で
商品レビューページに移行するとしたら、
4500人をブログに誘導すればできればOK。

では4500人をブログに誘導するにはどうすればいいかというと、
各集客媒体から10%の確率でブログに誘導できるとすれば、
45000人にブログの存在を知らせることができればOK。

——————–

これが実現できればあなたはブログで50万円稼ぐことができます。

つまりあなたがやることは、

1.33%の確率で販売ページに移行させられる商品レビューページを作ること
2.33%の確率で商品レビューページを見てもらえるブログ記事を書くこと
3.10%の確率で開いてもらえるような魅力的なタイトルをつけること
4.45000人にブログの存在を認知させること

この4つです。

例えば商品レビューページから販売ページへ
移行する確率が10%だったとしたら、
商品レビューページの質が低いということです。
→きちんとメリットとデメリットを伝える。

商品ページを見てもらえる確率が10%だとしたら、
あなたの信用度が低いということです。
→プロフィールプレゼントなどでファン化する。

このような作業をやって行けばいいということです。

まとめ

細かいテクニックではなく、
本質的な話をしてきました。

集客は集客だけで1冊の本を書けるし、
販売は販売で1冊の本を書けるほどです。

まずは、「成功するにはどのような要素があるのか?」
ということを知らなければなりません。

今、成功の要素を知ったあなたは、
どの要素を高めていけばいいのかが明確になっているはずです。

今回説明してきたそれぞれの要素のレベルを上げていきましょう。

集客・ファン化などの要素について
学んでみたい方はこちら
無料セミナー