次世代型Youtube起業のすすめ。登録者数1000人でも月収100万円稼ぐ方法。

Youtubeは稼げねーよ。
オワコン。
最初に始めたやつしか儲からねーから(笑)

それはYoutubeが稼げないのではなく、
あなたが稼げないだけなのです。

確かに先行者利益というものはあります。

どんな世界でも、最初に始めた人は何でも稼げるんです。

でも、そんなこと言っても何も始まりませんよね。

幸いなことに、Youtubeで登録者数が10万人とか100万人いないと
全然稼げないとか思っている人が多いですがそんなことはありません。

たったの1000人登録者がいれば月収100万円は稼げます。

今回は、1000人の登録者数で月収100万円を稼ぐ方法について解説していきます。

そもそもなぜYoutubeで稼げないのか?

photo 1532629345422 7515f3d16bb6?ixlib=rb 1.2 - 次世代型Youtube起業のすすめ。登録者数1000人でも月収100万円稼ぐ方法。

動画投稿者数の上昇

Youtubeで稼いでる人たちって、
大体の人が、「Youtubeが流行る前から始めているから」
稼げています。

日本のYoutube利用者が1000万人だとして、
Youtubeに動画投稿者が1人しかいなかったら、
その人が動画を投稿したら1000万再生なんて簡単ですよね。

個人が珍しそうなことをやっているだけで
簡単に稼ぐことができるでしょう。

実際、どんな分野でもそうですが、
コンテンツが流行る前は、
当然利用している人が少ないため、
その中で存在感を出すのは簡単なのです。

でも、今は違います。

「Youtubeで動画出したら稼げるんだ!!」
っていう人がどんどん動画を投稿している状況です。

仮に1000万人がYoutubeでチャンネルを解説して、
一斉に動画を出したとしたら、
もう注目を集めるのは難しいのが現状です。

だから、とがったコンテンツを出さなければ
動画を投稿したとしても日の目を見ることはないのです。

1再生当たりの広告単価が低い

Youtubeでお金を稼ぐ人は、
大体の人が「Googleアドセンス」の広告収入で稼ぎます。

あの赤いシークバーに現れる黄色い憎いやつです。

これはチャンネルによって広告単価に差があるみたいです。
登録者数が少ないチャンネルでは、
広告単価が1再生当たり0.1円とかもっと低いとか。

チャンネル登録者数が増えれば1再生当たり0.5~1円になるらしいですが…

仮に登録者数が1万人で広告単価0.5円だったとしたら、
1万回再生されても5000円にしかなりません。

1万人登録者数を増やすことも大変なのに、
それで5000円って普通にやる気出ませんよね。

でも、大体の人はこのGoogleアドセンスに頼りきりです。

トップYoutuberですら1再生1円とかちょっと効率が悪いです。

では、どのようにしたら少ない登録者数で稼ぐことができるのか。

具体的な方法を解説していきます。

登録者数1000人でも100万円稼ぐ方法

gold medal winner 381749 960 720 - 次世代型Youtube起業のすすめ。登録者数1000人でも月収100万円稼ぐ方法。

広告単価が低すぎるのが原因で稼げないのであれば、
「単価を上げる」
これが最も単純な収益改善方法です。

しかし、Googleアドセンスの単価は上げることができないので、
あなたが商品を取り扱って、実際に売る。
というフローを踏む必要があります。

1万再生で単価0.5円なら、5000円にしかなりません。

しかし、Youtubeをとおしてあなたが商品を販売するとなると
全く話は違ってきます。

例えば、あなたのYoutubeチャンネルに登録者数が1000人いるとします。

1000人のチャンネル登録者数がいるので、
あなたが動画を投稿すれば、再生数は1000くらいになります。

動画を再生した1000人の中から10人が10万円の商品を買ってくれたら
100万円になります。

1000再生で100万円なので、
動画1再生当たりの単価はなんと1000円になります。
単価0.5円から大きく躍進しましたね。

めでたし。

で、動画を見てくれた人にどうやって10万円の商品を売るの?

そうなんです。

10万円の商品を売るって、普通難しいと思いますよね。

でも、セールスにはきちんとした型があります。

その型どおりにセールスを実践していけば10万円を売るなんて簡単です。

実際、不動産営業マン時代に月収100万円を達成できたのも、
このセールスの方を忠実に実践してきたからなんですよね。

普通に1億円のものを売ってましたから。

それではステップに分けて解説していきます。

ステップ1:教育

動画の中でいきなり商品を売ったとしてもなかなか売れません。

Youtubeから10万円の商品を買った人ってなかなかいないと思います。

そうではなく、Youtubeの動画内であなたがやることは、
「視聴者の教育」です。

どんな教育するのかというと、
「あなたが紹介する商品が欲しい!!」
と思わせる教育です。

あなたのYoutubeチャンネルにやってきたお客さんは
まだフラットな価値観を持っています。

そんなお客さんの価値観を変えるために次のフローで教育していきます。

教育①:あなたを信用させる

まず、あなたのことを信用してもらわないと
お客さんはあなたの話を聞いてくれません。

動画を閉じられてしまうでしょう。

まずファーストステップとしては、これが一番重要です。

具体的な方法としては、
・徹底的な自己開示
・実績を証明

などです。

自分が失敗した経験とかを開示していくと、
人間は親近感を覚え、信用してくれやすくなります。

そして実績は最も強力ですね。

「この人はこんなにすごい人なんだ!!」
っていうことが分かればそれが社会的な証明になり一発で信用してくれます。

教育②:夢を描く

お客さんを夢の世界に連れていきます。

「僕はこういう世界を実現してます!!」
っていうのを嫌らしくなく怪しくない程度に言うんですね。

そうすることで
あーこんな世界があるのかー。いいなー」
って憧れの感情を抱くようになります。

例えばYoutubeで考えたら、
マナブさんとかメンタリストのDaiGoさんとか、
自由でストレスとは無縁そうな生活を送っていますよね。

しかも嫌らしさはあんまり感じません。

実際にこの人たちの動画を見て、
「こんな生活を送ってみたい!!」
と思う人はたくさんいると思います。

これができたらOKです。

教育③:問題意識を抱かせる

そしてお客さんを恐怖のどん底に抱かせます。

例えば、
「今のままの生活を続けていたら、
 AIに仕事を取られてあなた無職になる可能性がありますよ。」
って信じている人から言われたら怖いですよね。

「あー何かしないと!!」
という感情にさせることができれば成功です。

教育④:具体的な改善策を提示してあげる

恐怖を感じた人間は、
その恐怖から解放されるために
「具体的な解決策」
を求めます。

「何かしないといけないことは分かったけど、
 でも何をすればいいかわからない…」
っていう状態なんですね。

そんな恐怖のどん底にいるお客さんに、
「この方法なら助かるかもしれない!!」
っていうことを言ってあげます。

恐怖を感じたお客さんに救済の手を差し伸べてあげるのです。

そこで、
「あなたの現状を改善したいなら、こちらのページを見てください!!」
っていうと、お客さんはかなりの確率で商品のページに行くわけです。
そして、あなたが売る商品を「私が欲しかったのはこれだ!!」って強く思うんですね。

教育についてここで書いてしまうと非常に長くなるので、
個別の記事で解説していきます。
→準備中

ステップ2:販売

教育が完璧であれば、
販売をしなくても売れます。

ですが、一応やっときましょう。

セールスについては、
こちらの記事で軽く説明していますので
そちらをご参照ください。
ビジネスモデルシリーズ④:サービス業で月収100万円稼ぐには?

セールスについての詳細は記事でやって行きます。
→準備中

全体像

もし1000人の人が動画を再生してくれたとして、
そのうちの100人が商品の販売ページに行き、
そしてさらにそのうち10人が商品を購入したとすると、
10人×10万円=100万円
になりますね。

上手く教育することができれば、
10万円の商品なんて簡単に買ってくれるます。

1万人も人を集める必要はありません。

最終的に、
「たったの10人」から商品を買ってもらえるだけで
100万円を稼ぐことができるのです。

ただし、これは詐欺にも応用できる手法なので悪用厳禁です。

物の価値の感じ方を上げてあげる方法なので、
0円のごみでも高い値段で買ってしまうようになります。
(30万円のツボとか…)

ダメ、絶対。詐欺。

このようにマーケティングを学べば非常に強力なスキルになります。

Youtubeに限らず、自分のメディアを持つことができれば
お金を稼ぐことは簡単になります。

頑張っていきましょう!!

客単価を上げる高単価リストマーケティングの方法はこちら
無料セミナー