煽る男

こんにちは。シュンです。

この前、高校時代の後輩がTwitterに、
「起業準備するために不動産会社に
 就職してスキルを身に付けます!!」
って投稿してたんだけど…

大丈夫?
それ、起業準備になってる?

って言いたい。

というか。
「就職しても起業スキルなんて身に付かないよ」
と。

今日はそんな話をしていきます。

就職しても起業スキルは身に付かない件

会社に就職したとしても、
起業準備のためのスキルなんて
身に付きません。

なぜかというと…

会社の仕事は細分化されている

会社に就職したとしても、
そこでの仕事って
かなり細分化されてます。

就職しようとしてる会社が
大企業であればあるほど細分化されている。

経理は経理部だし、
営業は営業部だし、
生産は生産部。

もし起業したいって思って
会社に就職したとしても、
経験できる仕事って
ほんとに少しなんですよね。

だから、経理部に入って
経理スキルが身に付いたとしても、
物の売り方は学べないし、
営業部に入って営業スキルを
身に付けたとしても、
集客の仕方は身に付けられない。

へこむかもしれないですけど、
「会社の歯車」としての仕事しか与えられません。

よっぽど優秀な人なら最初から会社の中枢で
会社の経営に携わることもできるかもですが、
そういう人は、起業のスキルを身に付けるために就職とかしないと思います。

すでにスキルが身に付いてる状態だと思うんで。

社員がやる仕事は社長(起業家)がやらない仕事

結論、
会社員になったとしても、
社長がやるような仕事をやるわけではありません
=起業スキルが身に付くような仕事をさせてもらえるわけではないということ。

社長がなぜ従業員を雇うのか?

それは
「レバレッジが利いたシステムを作るため」
です。

抽象的なんでちょっと説明しますと、
まずレバレッジ「てこ」のことです。

小学校の理科の授業で習った、
わずかな力で重いものを動かすあれです。

image - 「起業準備のために〇〇に就職します!!」←無駄じゃない?

例えばブログって1記事書くだけで、
実際にそれを見る人の数は無限の可能性があります。

コンテンツを作成する労力は1記事分なのに、
何百人何千人もの人に見てもらえる可能性があります。

まさに少ない労力で大きく動かく感じです。

会社で言うと、
会社員に月々の給料20万円払う代わりに、
1日8時間働いてもらって100万円分の利益をもたらしてもらう。
みたいな感じです。

そしてシステムとは何かというと、
「自動で稼いでくれる仕組み」
のことです。

またまたブログで例えると、
ブログは記事を一つ作れば、
あとは何もしなくても読者が
検索とかSNSから記事を見てくれて、
売れるセールスページを用意しておけば
自分が寝ている間にも商品が売れたりします。

一度作ってしまえば集客も販売も全部自動です。

会社で言えば、社長が社員を一人雇えば、
あとは自動的に働いてくれるといった感じです。

社員の教育も社長が直接することはなく、
教育係がいてその人が教育してくれます。

実際、入社したての新入社員の方は、
ほとんど社長としゃべることってないですよね。

これが会社のシステムです。

で、「レバレッジの利いたシステム」とは
つまり何かというと、
100万円をかければ1000万円を自動で稼いでくれるような仕組みっていうことです。

社員に100万円の給料を払えば、
1人1日8時間働いてもらって
月に1000万円の利益をあげてもらう。

社長の仕事はシステムを作ることで、
社員の仕事はシステムの一部として働くこと。

もし営業の会社を作るとしたら、
社長のやることは
「優秀な営業マンを10人雇って給料を支払うこと」
社員のやることは
「営業すること」

つまりは、
「そもそも社長がやる仕事と社員がやる仕事は根本的に違うってこと」なんですよね。

1 - 「起業準備のために〇〇に就職します!!」←無駄じゃない?

社長のやる仕事は社員はやらないし、
社員がやる仕事は社長はやらない。

社長はわざわざお客さんの家を
一軒一軒訪問営業しないし、
逆に新入社員が経営会議に参加して
経営方針を決めることもないありません。

起業の準備をしたくて就職するんですよね?

じゃあ社長としての働き方を学ばなければいけないのに、
やる仕事は社員がやる仕事ばかりって、
かなり遠回りになってしまうということがわかると思います。

他の従業員は誰も起業しようなんて思ってない

会社で「起業したい」なんて考えている人は稀です。

そういう教育を受けてきてないし、
一般常識的には起業はリスクがあるものだし、
会社としても、一度雇った社員に辞めてほしくないでしょう。

どこかで特殊な経験をしていない限り、
「起業したい」っていう発想は生まれてこないんですよ。

なので、あなた一人が
「起業したい!」と燃えたとしても、
結構肩身の狭い思いをすると思います。

「起業なんてうすら寒いみたいな」考え。
何となくあるじゃないですか。

自分は起業したくて会社に入ったけど、
同僚は全くそうじゃない。
飲み会でも起業とか熱い話をしたいのに、
同僚は興味ないもんだから、飲み会でも浮く。

ようは「会社は起業に適した環境じゃない」ってことです。

会社員が周りにいる環境で働いていると、
あなたの価値観も他の人と
同じような価値観に染まっていき、
だんだん起業する気が薄れてきます。

金持ち父さん貧乏父さんでも書いてましたが、
「現状よくつるむ6人の年収の平均が5年後のあなたの年収だ」と。
つまり周りにいる6人の価値観は5年後のあなたの価値観ということです。

しかもあなたが、
「起業したい」
なんて言おうものなら、
「お前には無理だって!」
「夢見てんじゃねーよ!!」
とあなたの起業を邪魔してくる人も出てきます。

よく考えたら、
その環境にさらされるだけでも結構リスクあると思いませんか?

もちろん自分を強く保てるならいいですよ。

実際私は普通の会社のサラリーマンでしたが、
起業すると決めてからは会社の人とほとんど話をしませんでした。
飲み会にも一切参加してません。

せっかく起業するモチベーションになったのに、
他の人と話してモチベーションが下がるのは嫌だと思ってたんで、
怒られようが無視してました。

会社にとっちゃ最悪な人材ですよね(笑)

でも、本気で起業したいと思ってるなら、
それくらいやるべきです。

起業準備したいなら先に起業するべし

起業準備をしたいなら、
起業してみちゃった方がいいですよ。

は?

って声が聞こえてきそうですけど、
真理だと思いますよ。

起業準備したいのに就職するって、
サッカー選手になりたいのにマネージャーになるようなものですからね。

「よーし、サッカー選手になりたいから、
まずはマネージャーになって選手の動きを盗むぞ!!」
って明らかに遠回りじゃん(笑)

いや、サッカー練習しろよって思いません?

で、実際はそんな人いないし、
サッカー選手になりたかったら
サッカー練習すると思うんですよ。

だけど、起業になると遠回りしちゃう。

なぜかというと「リスクがあると思ってる」からです。

起業するためには資金が必要で、
失敗したら損するって思ってるんですね。

じゃあ、リスクがなければ始められるんじゃね?

コスト0で始められるならいいでしょ?

もし、コスト0で起業できるとしたらどうでしょう。

実際に起業を経験していくわけですから、
起業スキルはそりゃ身に付いていきますよね。

それがコスト0でできるんなら、
全く問題ないと思いません?

じゃあどうやってコスト0で始めるか?

「レバレッジが利いたシステムを作ること」が社長の仕事と言いましたが、
別に人を雇わなくてもシステムを作ることはできるわけです。

今の時代、
インターネットでブログを書いてみるとか、
メルマガサービスを作ってみるとか、
気軽に0円で始められる事業がたくさんあります。

「えーブログ?それって起業のうちに入らないじゃん」

えー、ブログってそれ起業に入らないじゃん!!

いやいやブログを甘く見ないでほしい。

「広告出したりして、読者を集客して、その読者にアフィリリンクを踏んでもらったり自社商品を販売して、問い合わせに対応したりして…」
ブログで稼ぐ流れって普通の会社と全く一緒なんですよ。

・どうやって読者を集客するか 
→ 集客スキル
・どうやって面白い記事を書いていくか 
→ コピーライティングスキル
・どうやって読者に商品を販売するか 
→ セールススキル
・どうやって読者にリピートしてもらうか 
→ セルフブランディングスキル
・どうやって自力で物事を続けられるか 
→自己管理力

起業のすべてが学べると言っても過言じゃないんじゃないですか。

逆に言うと、
「ブログは起業」って思ってないから、
95%以上は稼げてないというデータがあるんだと思いますけどね。

みんな「記事を書いたら稼げる」っていう感じで始めるかもしれないけど、
上記のスキルをきちんと身に付けた上で運営していかないと稼げない。

だから、「なーんだ、記事書いても稼げないじゃん」と3か月もしないうちに辞めていく。

ブログですら成功しないのに、
他の起業で成功するって矛盾してますからね。
上述した起業スキルが身に付いてないってことですから。

だから、
「ブログで稼げるようになる」ということは
「起業スキルが身に付いている」ということにつながるんです。

しかも、ブログはアメブロとか使えば無料で始められます。

サーバーをレンタルしたとしても月々1000円ちょっと。

これに取り組んで起業スキルを
身に付けられるんであれば、
やった方がいいと思いますけどね。

しかも、別に会社を辞めなくても始められます。

起業準備のための就職は意味ないと思いますが、
生活費は普通に稼がないといけないですよね。

会社辞めて取り組まなければならないとなると
結構リスクがあるので、
最初は副業で始めるのがいいと思います。

起業の準備したいなら、
さっさと始めちゃった方がいいです。

「これで成功させるんだ!!」っていうより、
「これで学んでいくんだ!!」っていう考えで軽く起業してみてはいかがでしょうか。

まとめ

起業準備のための就職は意味ないし、
それならコスト0で副業から起業始めちゃえば?
って話でした。

あることを経験したいのであれば、
にやっちゃうことが一番の近道です。

英語もそうですが、
わざわざTOEICの勉強するよりも、
アメリカに「えいっ」って行ったら
すぐに話せるようになるじゃないですか。

僕はアメリカに行ったこともないし、
英語も話せないけど(笑)

そのくらい、理論的に明白ですよってことです。

最後にもう一回言っときます。

「起業の準備がしたいなら起業しろ!!」

リスク0の起業法について実践的に学びたい方はこちら↓↓↓