資産がないと負け組に!?お金がなくてもできる資産の作り方

こんにちは。シュンです。

「不労所得」って良い響きですよね。

働かないで得られるお金。

ちょっと怪しくもありながら、
ただならぬ魅力を持っている
セクシーなワードだと思ってます。

そんな不労所得を得るためには、
「資産」を持つ必要があるのですが、
「資産=不動産、株」
というイメージを持っている方が多いかもしれません。

でも、資産ってお金を掛けなくても構築できるものもあるんですよ。

今回は、お金がなくても築ける資産についてお話ししていきます。

資産を多く持っている人が裕福になる

2013年に発売された、
トマ・ピケティの「21世紀の資本」
にこんな式が書かれています。

『r>g』

ナニコレ?

一つずつ説明していきますね。

まず「r」は何かというと、
「資本収益率」のことであり、
株や不動産などの資産から得られる収益の割合ことです。

例えば持っている資本が1億円で、
得られる収益が500万円の場合、
500万円÷1億円=5%がrになります。

そして「g」とは、
「経済成長率」のことで、
主にサラリーマンなどの給与所得の上昇率を指します。

gが1%だとしたら、
年収400万円のサラリーマンは、
次の年に年収404万円になるという計算です。

じゃあ、「r>g」とはどういうことかというと、
「株などで得られる収益が、給与所得の上昇率よりも高い」
という状況を表しています。

つまり、
資産を持っている人は富み、
資産を持っていない人は貧困になっていくということです。

本の中身では、
この事実に警鐘を鳴らし、
「このままじゃまずいんじゃないの?」
ということを言ってるわけです。

だから世の中、
逆に言えば資産を持ったもん勝ち。

でも、いきなり収益が出る資産を
買うなんてできませんよね。

例えば年間200万円の収益を出すためには
2000~6000万円の資産を買う必要があります。

「そんな資産を買えるんなら悩んでないっつーの!」

でも安心してください。

ここからがお金を掛けなくても構築できる資産の話です。

お金で買えるものだけが資産とは限らない

そもそも資産とは何か?

これは、ロバートキヨサキの
「金持ち父さん貧乏父さん」によると、
「資産とは、自分のポケットにお金を入れてくれるもの」
と定義されています。

つまり、お金で買えるかどうかは関係ないということです。

資産と聞くと、
株や不動産などのお金がかかるものを
イメージするかもしれませんが、
ポケットにお金を入れてくれさえすれば資産なんです。

お金を投資できないなら時間を投資するしかない

何千万円もの資産なんて、買えない?

そういう人は、時間を投資して
ネット上に資産を築いていけばいいんです。

インターネットが登場した今、
時間をネットに投資して、
ネット上に資産を築くことが
可能になっています。

例えばYoutuberなんか
今のトレンドだと思います。

お金がない中で動画を撮っていって、
Youtubeに投稿していく。

すると動画の再生数に応じて
お金が支払われていくのですが、
1回動画をUPすれば、
その動画は永続的に1再生0.1円とかお金を稼いでいってくれます。

動画1本なら大したことないですが、
1日1本ずつ動画を投稿していき、
それが3年続いた場合、
動画投稿数は1000本以上になっています。

それぞれの動画で毎月1000再生されるとすると、
1000再生×0.1円×1000本=10万円
の収入を生み出してくれます。

ブログなら、
書いた記事の一つ一つが資産になり、
せどりなら、
リサーチした商品リストが資産になる。

僕は電脳せどりにおいて
必要最低限の資産を築いた状態にあります。
電脳せどりは完全な不労所得
というわけではないですが、
1日30分くらいの作業時間で
月収30万円ほどの利益が生み出されているわけです。

現在はブログ運営による
資産構築に力を入れている段階で、
月1万円ほどの利益になっています。

めちゃくちゃ時間をかけてます。

そして時間をかけているフェーズでは、
利益はそんなに発生しません。

しかし、これが実際に
お金が発生するフェーズになってくれば、
月30万円とか、もっと多くのお金を
ほとんど手放しで稼げるようになります。

それまで書いてきた記事が働いてくれて、
僕のポケットにお金を入れてくれる。

このように、お金がなくても
時間を投資してネット上に資産を構築することができます。

現状の不労所得は約30万円ですが、
他に築いた資産からもう30万円出てきたら、
不労所得は合計60万円になります。

収入は60万円に増えたとしても、
忙しくなるわけではありません。

不労所得なので。

月収60万円あるけど時間は余っているなら、
その60万円をさらに増やすこともできます。

せどりで30万円、ブログで30万円。
そしてもう一つYoutubeに
時間を投資したとして60万円になれば、
収入の柱は3本になり、合計で120万円に。

でも自分の時間は減らない。

不労所得なので。

お金が増えたらお金を投資

月120万円も稼いでいると、
お金が余ってくると思います。

生活費もろもろで20万円かけるとすると、
なんと100万円も余ります。

それだけ余るようになった時に初めて、
株や不動産に投資していけばいい。

年間1200万円のキャッシュができるので、
それなりの株は買えるし、
不動産も中古マンションくらいは買えます。

そして資産を買ったら、
そこからの収入もさらに増える。

そのお金もまた新しい資産に投資していく。

資産増加の無限ループに入ります。

お金持ちの人はこんなループを
繰り返してるんですから、
貧富の差が生まれて当然ですよね。

で、もし仮に失敗したとしてもそこまで痛くないです。

生活費とは別の余剰資金を運用しているから。

退職金の1000万円で株やるぞーとなると、
失敗したらもう立ち直れませんが、
ビジネスからの収入がある場合、
また1年すれば1000万円貯まっているはずです。

調子に乗って家賃の高い家に引っ越したり、
生活水準を上げていなければの話ですが。

「投資は危険!!貯金最高!!」という人

投資が嫌いな人って一定数いるんですが、
そういう人は得たお金を貯金していきますよね。

貯金なら損しないといつから錯覚していた?

お金には絶対的な数字が決まってるから、
1000円は1000円だし、1万円は1万円と、
完璧に思い込んでませんか?

確かに1000円は1000円で変わりません。
その代わり、周りが変わってるんです。

例えば1個100円で買える消しゴムについて考えるとします。

100円は100円のままだけど、
消しゴムは100円のままじゃないかもしれません。

材料不足だったりで理由は何であれ、
来年は1個200円になっているかもしれません。

その場合、
100円を大切に貯金していたとしたら、
今まで買えていた消しゴムは買えなくなります。

資産は100円のまま。

これって相対的に100円損してるということです。

もし1年前に100円で消しゴムを買ってたら、
今手元にあるのは200円の価値がある消しゴム。

資産は200円に増えています。

100円を貯金して100円のままの人、
100円で消しゴムが200円になった人。

前者と後者では、どちらが損しているかは一目瞭然です。

本物の資産を買うときもこれと同じ話で、
100円を200円に増やすという意味もあるけど、
100円の価値が下がるのが嫌だから投資するんです。

だって、さっき説明した通り、
経済成長率は1~2%で、毎年上昇してるんだから。

長期的に見て上がることがわかってるから、
お金をお金のまま持っておいてしまうと、
年に1~2%ずつ損していくということもわかるんです。

投資しない理由がない。

それでも株や不動産で損してしまう人はいます。

全ての株が上がっていくわけではないし、
全ての不動産が儲かるわけではない。

じゃあなぜ投資で失敗してしまうかというと、
「素人の状態で投資しちゃうから」なんですよね。

どの会社が成長して、どの会社はダメ、
そういう予測が立てられないんです。

どうすればいいのか?

投資を成功させたいなら、
ビジネスから経験を積んでいけばいい。

金持ち父さんにも書かれていることですが、
「まずはビジネスから得られる収入を作り、そこから余った分を投資に回す」と。

余剰資金で投資をすることで
リスクを抑えるという意味もありますが、
重要なのは、
「ビジネスをやってビジネス感覚を鍛えた上で投資をする」
ということです。

というのも、投資もビジネスも根底は一緒だからです。

自分でビジネスをやるか、
人のビジネスにお金を投資するかの違いしかありません。

もし自分でビジネスをやって成功できた場合、
「どういうビジネスが成功するのか」
というのが感覚でわかりますよね。

商品のウォンツやらセールスや広報の上手さやら。

自分もマーケティングを経験するから、
ビジネスで稼いでいく経験をしていれば、
どの会社がいいかを見抜くセンスが身に付くわけです。

いきなり株から始めてしまうと、
そういう感覚がわからない。

だから、
「なんかよさそう」とか、
「大企業」という理由で投資してしまい、
上がったら喜び、下がったら悲しみ、
一喜一憂してしまうのです。

不動産も
「どんな立地なら人が付きやすいのか?」
などのマーケティングをする感覚もなしに、
年利~%という数字だけを気にしてしまって、
「この営業マンが言う物件なら間違いない」と
ろくに調べずに不動産を購入してしまって、
入居者が付かずにローンだけが残るなんてことになる。

不動産会社で働いていたからわかるのですが、
そういう話は本当によく聞いた話でした。

だから、素人が投資したいなら、
よーく勉強していくしかない。

そしてその勉強の内容は、
ビジネスをやっていく中で身に付くから、
どうせならビジネスをやりながら学んでいけばいいん。

それなら学びながら稼ぐこともできるし、
リスクヘッジにもなるということです。

まとめ

世の中、資産を持っている人が裕福になります。

株や不動産などの資産を買うのは
莫大な資金が必要になりますが、
今の時代、お金ではなく時間をかけて
ネット上に資産を築き上げていくことができます。

そして、ネット上に築いた資産から
生まれる資金が増えてきたら初めて
株や不動産などの資産に投資するのがいい。

こういうお話でした。

このサイトでは、
資産を買うとかじゃなく、
「まずはネット上に資産を築く」
というフェーズについて解説しているので、
投資については詳しくは書きません。

というか僕自身詳しくないので書けません(笑)

ですが、
ネット上に資産を構築する方法ならわかります。

ネット上に資産を築くだけで、
その不労所得で脱サラすることは可能です。

金持ち父さんで言うところの
「ラットレース」から抜け出すことができます。

まずはネット上に資産を構築し、
1万でも2万でもいいから
不労所得を得ることを目指してはいかがでしょうか?

それでは!!

ネット上に資産を築く方法についてはこちら↓↓