笑うピエロ

こんにちは。シュンです。

最近、アンチによる誹謗中傷とか、
Twitterのクソリプとか
何かと話題ですよね。

悲しいことに、
それが影響で自殺してしまう人もいるという。

しかし、ネットビジネスをやっていく上で、
このようなアンチコメントはつきもの。

避けては通れないものだと思っています。

世間では、
「誹謗中傷は悪だー!!やめろ!!」
っていうことは言われてますが、
できれば対処する方法を教えてほしいですよね。

そんなアンチコメントについてですが、
プラスに活用する方法もあるなーと思ったんで、
もしお悩みでしたらご覧ください。

アンチコメント、クソリプも活用せよ

え、何の役にも立たないこと書いてるね^^

以前、実際にいただいたコメントですが、
もしあなたがこのようなコメントをもらったら
どのように思うでしょうか?

ここでのあなたの解釈や反応によって
プラスにできるかマイナスになるか変わってきます。

普通だったらへこむと思うんですけど、
僕の場合、逆にやる気が出たんですよね。

クソが…
だったらもっといいコンテンツを作りゃいいんだろ

っていう具合に。

悔しいのでもっと頑張ろうと。

誹謗中傷に負けてしまう人は、
コメントを素直に受け入れてしまって、
「あー俺がやってることって意味ないんだ…」
と意気消沈してしまいます。

このように、
・悔しさをバネにしてもっと頑張るのか
・受け入れて辞めてしまうのか

この考え方の差でネットビジネスの成否が決まってきます。

アンチコメントが来たところで、
辞めなければ負けないんですよ。

例えば、
芸人TKO木下さんのYoutubeチャンネルですが、
ある事件の影響で動画が投稿されるたびに低評価の嵐です。

木下さんの後輩へのパワハラが原因なので、
自業自得な結果ではあるんですが、
本人はいくら叩かれてもやめようとしないんですよ。

で、
木下さんの過去のパワハラについてを
擁護するわけではないんですが、
過去に悪いことをしていようが、
その後に何か価値を残せればよくない?
っていうのが僕の考えです。

悪いことをしたからといって、
その後、
何の価値も残さず引きこもって暮らすより、
その悪いことを挽回するために、
むしろ頑張って価値を残す方が世の中にとってプラスになるじゃないですか。

実際、木下さんの動画は
高評価500、低評価5000とかで
確かに低評価の割合が高いですが、
低評価を抜けば500人は良いと思ってくれてるという。

意味のないコメント書いてるよりも
少なからず価値を残せるだけまぁいいじゃん。

コメントを書いてるアンチ本人は、
「パワハラなんて許せない!!」
みたいに正義感で書いてるんでしょうけど、
正義を気取って悪人を個人的に
裁いた気になってるのってどうかなと思いますけど。

もしどうしようもない悪者なのであれば、
法律が裁いてくれますから。

リーガルハイの古美門も言ってますし。

CNvvpLSVEAICurG - アンチコメント、クソリプもモチベーションアップのために活用せよ

出典:リーガルハイ2 第9話

過去の過ちを許せない人間性というか国民性にも問題があると思いますけどね。

だって、
木下さんのパワハラ事件は
木下さんとその後輩の問題であって、
動画を見ている視聴者には全く関係ないことですから。

第3者が許すもくそもないですよね。

なんか、ちょっとアンチとズレてね?

ちょっと話が逸れてきた気がしますが、
悪いことをした木下さんですら
アンチが叩く意味なんてないのに、
真っ当に頑張ってる我々が
叩かれる理由なんて全くないですよね。

で、そういうことを考えれば考えるほど
アンチコメントに対して
はらわたが煮えくり返ってくるんですよ。

すると、先ほど言った通り
「クソが…見返してやる!!」
っていうメンタルに持っていけるわけです。

ここからがようやく
アンチコメント活用法なのですが、
このメンタルって、
普段ズボラでサボり癖がある僕のような人には
結構役に立つんですよね。

平凡に生きてたら、
頑張る意味が薄れてくるというか、
「あー今日はもういいや」
ってなっちゃう。

この性格、どうにかしたいね♪

そんな時にアンチコメントを見たら、
ムッキーと悔しくなってやる気が出るわけです。

そう考えると、あれ?
アンチコメントもそういう意味では役に立つじゃん、と。

平凡な日常が甘口カレーだとしたら、
アンチコメントはとび辛スパイスみたいな。

ちょっとした刺激になります。

まぁ僕が激辛好きだからっていうのもあるかもだけど。

一瞬はイライラするけど、
こんな感じでモチベーションアップにも使うことができます。

まずは勉強してレベルを上げる必要あり

で、そんなことを言うと、
「でもメンタル弱い人は耐えられないよ…」
と言われるかもしれません。

これは、
まだ自分のEQとか、知識が足りない可能性があります。

ネットビジネスでもYoutuberでも、
情報発信をするならアンチコメントからは
逃げることはできません。

そして、アンチが来ないような
棘のないコンテンツばかり作っていれば、
ファンもできません。

上手く付き合っていかなければいけないんですよね。

じゃあどうすればいいのかというと、
EQを上げることと論理思考を身に付けること
精神的に不安定になることを防ぐことができます。

どちらもお勧めの本があるのでそちらを読んで
勉強してみてください。

Amazonで買うよりも、ブックオフで中古を買った方が安いかもしれません。

EQを上げていけば、
自分の感情のコントロールができるようになります。

落ち込みやすいとか、
ちょっとしたことで怒ってしまうとか。

EQを上げればそういう時に適切な対処ができるようになります。

例えば、誰かとくだらない喧嘩になりそうなとき。

EQが低いと
そのまま喧嘩が進んでいってしまいますが、
EQが高いとこういう考え方をします。

「このまま喧嘩してしまうと関係性が悪くなるかもしれないし、時間も無駄だ。ここは折れたほうがいいな」
という風に考えて、
関係性が悪化することも防ぐことができるし、
時間も有効に使うことができるし、
それでいて、もやもやした気分も抑えることができる。

起きた事象に対する解釈力が高まるので、
嫌なことが起こった時に冷静でいられるんですよね。

続いて論理思考については、
自分が行っている活動等を正当化したり、
アンチの行動を非合理化するのに使えます。

もちろん事業内容や
戦略を考えたりすることに使うのが主ですが、
アンチに批判された時に限定して考えます。

前述したように論理的に考えて、
アンチの行動は無意味だ
という結論に行きつくなら、
それでへこんだりはしませんよね。

活動をやめさせることがアンチの目的なので、
辞めたらしめしめと思われるし。

それに、
「自分はこの信念に基づいて行動している」
と論理的に説明できるのであれば、
自分の活動に対して疑心暗鬼になることもありません。

自分でその答えにたどり着くことができれば、
アンチに対して「なんだこいつ」
っていう思いだけが残るので、
活動に響くほど落ち込んだりすることがなくなります。

あとは、前述のとおり、
「見返してやる」精神で
モチベーションアップしていけばいいと思います。

正当に頑張っていれば評価してくれる

人気Youtuberのカジサックさんですが、
Youtube始めたての頃は低評価の嵐でしたね。

普通に低評価が高評価を上回っていました。

でも、現在は高評価が1万で低評価が500とか。

「芸人がYoutubeやるなんて…」
っていう偏見だけで
低評価をつけられてたんだと思いますけど、
その低評価って正直意味が分からないですよね。

もともと正当に頑張っている人だと思うので、
そもそも批判されるいわれはないわけですよ。

意味も分からず低評価をつけてる人は
だんだん気づいてきます。

「あれ?この人普通に頑張ってね?」と。

するといわゆる手のひら返しが起こって、
高評価が低評価を上回ってきます。

真っ当なコンテンツを発信し続けていれば、
自然とファンが増えてアンチがいなくなるはずです。

アンチにはファンが対抗してくれる

それでも、
意味のないアンチコメントを書き続ける
あまり頭のよろしくない人たちがいますが、
そういう人たちにはファンになってくれた人たちが対抗してくれます

自分が好きになったものを批判されるのは嫌ですもんね。

そうなればアンチ1対ファン9の様な図式になり、
面白くないアンチは駆逐されていくわけです。

物好きな少数のアンチは残るんですけど、
その他大勢の応援コメントが多くなるので、
そちらにフォーカスすればいいと思いますよ。

善も悪もなく、やることをやるだけ

ここまで、
アンチへの対処法とか
考え方について書いてきましたが、
正直、アンチが完全なる悪だとは思いません。
そして自分がやっていることが善だとも思いません。

その人の価値観で言ってるわけだし。

まぁやる気を出させてくれることもあるし。

僕がこの活動をするのは、
「誰かに価値を提供すれば
後々で自分に返ってくるし、
それで誰かが幸せになれば
お互いWin-Winじゃね?」

っていう価値観を持っているだけで、
そこに善とか悪とかないですよ。

嫌いな人まで幸せにしようなんて
聖人のような考えは持ち合わせてないし。

「この人は幸せになってほしいなー」
と思った人にだけ役立てればいいと思ってます。

結局自分のためにやってるだけなんですよ。

そんな活動でも、
誰か一人でも幸せになるのであれば、
やり続ける価値があると思うんですよね。

もちろん、迷惑系Youtuberみたいに
他の人に迷惑をかけるやり方はダメだと思いますが…

真っ当に頑張るやり方で
応援してくれる人が一人でもいれば、
たとえ、たくさんのアンチコメントにあふれていても関係ないです。

自分がやりたいと思っていることで、
それで誰かが一人でも幸せになるなら
その活動は続けるべきだし、
アンチがいるからといって
辞める理由にはなりません。

負けないでください。

もしアンチコメントに
押しつぶされそうになった時は、
相談に乗らせていただくこともできますので
お問い合わせください。

それでは!!

アンチに負けない起業家メンタルを学びたい人はこちら↓↓↓