ビール

こんにちは。シュンです。

ふと見かけた広告シリーズ第2弾です。

本記事タイトルですが、
ヤフーニュースで見かけた広告のタイトルなんですよね。

image 10 - キリンが開発した生ビールサービスが凄すぎ

ちょっと気になる点があったので書いてみました。

こちらがヤフーニュースに実際に乗ってた記事のキャプチャーです。

この広告を見た時、
ちょっと笑ってしまったんですよ。

でも、新しいなとも思ったんです。

垣間見えるYoutubeの影響

大体の広告って、
「新サービス開始です!」
みたいな形になってると思うんですけど、
他人事のように「凄すぎ」って
なかなか見たことないですよね。

どっかで見たことある形の文言だなーと思ったら、
Youtubeのタイトルなんですよね。

Youtuberがよく、商品レビューとか
商品を使った企画をするときに、
「〇〇が凄すぎる」
っていうタイトルで動画を出すんですよ。

実際、「〇〇が凄すぎる」っていう文言が
Youtubeスタートなのかは知らんけどそんな印象。

広報担当の方が
Youtubeを参考にタイトル考えてそうですよね。

それだけ、Youtubeの影響が浸透してきたってことでもあるのかなと。

これからは個人の時代だなんてことは
結構前から言われてますけど、
正にそれが垣間見える現象ですよね。

だって、Youtubeの動画タイトルって、
ほとんどが個人で考えてるじゃないですか。

それまで広告とかを専門的に学んできたわけじゃないと思うんですよね。

そんな個人で考えたタイトルのスタイルを、
企業が真似するんですから。

まぁ、僕の個人的な仮説なんで
本当のところはわかんないですけどね。

ツッコミ待ち?

最大のツッコミどころはここです。

image 11 - キリンが開発した生ビールサービスが凄すぎ
image 12 - キリンが開発した生ビールサービスが凄すぎ

いや、自分のとこで作ったサービスを自分で「凄すぎ」って笑

「自画自賛かよ!!」
と思わずツッコんでしまいました。

でも、
自分で「凄すぎる」って
自画自賛するスタイルなのは笑えるけど、
効果的な文言なのかもしれないなーとも思ったんですよね。

例えば芸人さんが、
「俺の作った新ギャグが面白すぎる」って
タイトルの動画を出したら、
「自画自賛かよ」
って思いながらも高確率で見ると思うんですよね。

自分自身でそんなことを言えるってことは、
要はそれくらいの自信作なんだなと。

あとは、「本当にそんなことある?」
と粗さがしで動画を見る人もいると思います。

あとは、自画自賛かよ!っていう
ツッコミ待ちかもしれません。

人によっては、僕のように
こういうことを見つけると
ツッコまないと気が済まないという人も
結構いるのではないでしょうか。

実際、僕がこの記事を書いてる時点で、
まんまとキリンの広報の戦略にハマっているのかも。

そこまで深読みしてこの広告文を読む人って
そんなにいないと思いますけど、
実際、僕はこの広告を見て
思わずクリックしてしまいました。

こんな感じですかね。

この広告を見て思ったことは。

それにしてもこのサービス、なかなかいいですよね。

家でサーバーって結構あこがれてる人も居そうだし、
友達の家でこれがあったら盛り上がること間違いなし。

僕は家に呼ぶ友達もいないし、
一人家でサーバー使うのもわびしいので
使うことはなさそうな気はしますけど。

以上、自称広告評論家のシュンがお届けしました。